Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE

工 房 日 記

美 濃 手 漉 き 和 紙 の 工 房 か ら お 届 け す る
日 々 の 出 来 事 に つ い て の ダ イ ヤ リ ー で す 。
雪でもやります!こうぞの皮むき


全国的に厳しい寒さが続いているようですが
岐阜県美濃市も今日の午後には一気に雪が積もりました。
こうぞ畑も一面真っ白で白銀の世界。
外気はマイナス2度を示していました、超さむいです!!

 


そんな中でもこうぞの加工は続いています。
切り揃えが終了したので、次は原木を蒸して皮をはぐ作業です。
私たちこうぞ組合員だけでは人数が足りないので
周りの方に声をかけて応援を頼み、8名程度で作業を行いました。


原木が蒸し上がるまで4時間程度かかります。朝8時半から
みんなが作業を開始できるよう、午前4時にボイラーをつけて
蒸し始めました。真っ暗で極寒の早朝に 加工所まで行って
ボイラーをつけてくれたのは副支部長の千田崇統さん。
頼もしい!ありがとう。

 

蒸し上がってからは、できるだけ大人数で一気に皮むき開始。
原木が冷めてしまうと皮がむきにくくなるので
時間勝負でどんどん進めます。

1回目に蒸した分の皮むきがすべて終わったところで
2回目が蒸し上がる感じで進めています。
庫内は広くて一度にたくさんの量を蒸すことができるので
1日に2回転するのがちょうどいいくらい。
とにかく人手が必要な作業です。

 

原木は芯の部分と皮の部分に分けられ、
皮の部分だけが和紙の原料となります。

 

むき終わった皮はある程度の束にして外へ干します。
今日は雪が降っていたのでだいぶ積もってしまいました。

 

皮をむき終わったあとに
山積みになった大量のこうぞガラを片付けますが、これが結構大変。
とにかくみんなでひたすら無心で片付けし続けます。

 

寒い加工所で朝から夕方まで目一杯作業すると
その日の夜は結構ぐったり疲れます。。。
寒い中で仕事をするということは、自分が思っている以上に
エネルギーを使っているのでしょうね。
手を動かしている時は集中しているので何とも思わないのですが。

 

さて今回は、2日間で皮むきを終えることができました。
昨年12月の時は3日間かかりましたので
今年度 刈り取りした分は、計5日間で皮むきを行ったことになります。


今回、急な予定にも関わらず快く作業を手伝いに来てくれた
紙漉きの加納武さん、柳川杏美さん、美濃和紙の里会館の日比野さん、
副支部長の友人の野崎さんご夫婦、田中さん、
本当にありがとうございました。
そして今回は、効率につながる新しい発見もうまれて
本当に仲間に感謝!って感じでした。


農作業のようなものなので、毎年同じ作業の繰り返しですが
毎年少しずつ何かが変わっています。一気に大改革はできないけれど、
1年1年積み重ねていく少しずつの変化が、大切なのだと思っています。

こうぞ組合の仲間と「今年もこの時期が来たねえ」とか言いながら
こうぞを蒸した時の独特の甘い匂いに 懐かしさと安心を感じました。

 



これが原木から むいたばかりのこうぞの皮。
外側にまだ黒皮や甘皮が残っているので、包丁で削ってさらに白くする
「紙たくり」という作業を次の段階で行います。

3月末の出荷にむけて こうぞの加工はまだまだ続きます。

 

 

 

| works | 23:05 | - | - |
こうぞの刈り取り、切り揃え




冬のあいだは、紙漉きも適期ですが
紙の原料になるこうぞの加工も忙しい時期。

毎年冬に刈り取りを行いますが、今年度は昨年11月末に1回目、
そして年明け1月7日に2回目の刈り取りを行いました。
寒い中たくさんのボランティアの方に来ていただき
みんなで協力して作業しました。本当にいつもありがとうございます。






刈り取りする人、原木を束ねる人、それを加工所へ運ぶ人、
作業を進めながら自然と担当の仕事ができていき
周りの様子を見ながらみんな積極的に動いていました。
以前はノコギリやチェーンソーを使っていましたが
今は太い枝をカットできるハサミに切り替えました。
ハサミの方が切り口がスパン!ときれいに切れるし作業が早いです。




はじめて刈り取りを体験した方は、夏の生い茂った畑とは
まるきり違う冬の光景に驚いていると同時に
このあとどのような加工を経て和紙の原料へと変化していくのか
とても興味深そうにしていました。
この木が紙になるなんて、本当に不思議ですよね。

刈り取りを終えた畑は 株が地面から飛び出ているので
つまづいて転ばないように足を持ち上げて歩かなくてはいけません。
そして、畑全体が斜面ということもあり
寒い風に当たりながらの外作業は本当に体力を使います。
1日のエネルギー配分を考えながら休憩をとりつつ
しんどいなあと思った時はいいダイエットだと思って乗り越えました!




刈り取り後は私たち組合員で切り揃えの作業をやっています。
3メートルくらいの原木を約90センチの長さにカットし
細かい枝を剪定ばさみで切り落としてきれいな1本の原木に仕上げます。

手間はかかるのですが1本1本を整えていく作業は
こうぞの原木感を味わえます。私は加工の中でこの工程が一番好き。

今年はボランティアの方がある程度枝をカットしておいてくれたので
切り揃えの作業がすっごくラクでした。
みんなのおかげです。本当にありがとう。




今年のこうぞはすごくいいですよ。
昨年度の3割増くらい??の収穫量で、原木も太いものが多いです。
たくさんのボランティアの方に作業を手伝っていただいたおかげです。
まだまだ加工作業は続きますが、畑に来てくれた皆さんへの
感謝の気持ちをかみしめながら 地道に進めていきます。



 

| works | 20:10 | - | - |
本美濃紙 研修中


年明け最初の紙漉きは本美濃紙。
本美濃紙保存会の研修で2貫分(7.5キロ)の大子那須楮で
本美濃紙(京間判5匁)を漉き 成果品を提出するという課題があり
昨年12月後半からそれにとりかかっていました。


紙漉きは本来は冬仕事で、寒い方がいい紙が漉けます。
原料がナマモノなので鮮度が保たれ、舟の中の状態が安定して
とても漉きやすく、紙がしまっていい感じになるから。
舟の状態が安定していると自分の心も安定し、結果的にいい紙に仕上がる。
1年中、あらゆる状況で紙を漉き続けていると
いかに冬は仕事をしやすいか!を感じます。


それにしても冬の工房はめちゃくちゃ寒いです。
朝イチだと1度とか、水が凍っている時もあります。
紙にとっては最高の環境ですが 体にはこたえます。
まぐわをかける時に体力使うので、その段階で少しだけ
体があったかくなるかなあ。(夏は汗だくになるけれど)
でもいい紙を漉くことが何よりも大切なので、寒ければ寒いほど
特に本美濃紙のような紙を漉く時は気合いが入ります!

 

 

天気勝負の板干し。
晴れてはいるのに雨がパラパラふってきたりして不安定な時間帯があり
思ったように進みませんでしたが できるところまでがんばりました。


板干しの紙をつくる時は、毎日気象庁の天気予報を見ながら
予定を考えています。なかなか思うように晴れてくれません。
雪の日が続いたりするととても焦ります。。。

 


本美濃紙の研修はトータルで2週間半くらいかかるのであと少し
続きます。研修課題の提出までもうひとふんばりがんばります。

 

 

 

| works | 22:15 | - | - |
9月のこうぞ畑




さわやかで気持ちのいい秋空のもとで
こうぞ畑の作業を行いました。
今回は今までで1番?ボランティア参加者が多かったかもしれません。
組合員と合わせて30名近くで畑作業(芽かきと草刈り)を行いました。




それにしても今年のこうぞは本当に良く成長してくれています。
現在は3メートルを越える程の背丈になり、ジャングル状態。
畑に入って夢中で作業していたら いつの間にか迷子になってしまいそう。
ボランティアに来てくださっている方も
来る度にどんどん大きくなっていくこうぞの成長スピードに
驚いている様子でした。




昨年は害虫被害でこうぞが全然成長しなくて
細い幹とボロボロの葉っぱばかりでした。
今年ももちろん虫はたくさんいます。でも、こうぞが虫に負けていない!
強く太く成長しています。






午前8時から作業を開始し、途中休憩をとりつつ正午までやりました。
いつもこうぞ組合がお昼ごはんを準備しているので
時間のある方は作業後も残っていただきみんなで食べています。
(今日のメニューは猪肉カレーでした!)
組合員の千田薫子さんがいつも料理担当してくれていて
大人数のまかないを作ってくれています。ありがとう。
ごはんを食べながら簡単な自己紹介をして交流の場を作りました。

ボランティアで来てくださった方は
美濃市役所の職員の方、県職員、銀行員、畑作業が好きなご夫婦、
会社の同僚仲間での参加など様々。
自己紹介の時に「また次回も来ます!」と元気よく言ってもらえた時
嬉しかったな〜。「若いっていいな」と思ってほのぼのしました。




途中で帰った方もいらっしゃるので全員ではないですが、集合写真。
私たちこうぞ組合もまだまだチカラ不足ですが
みなさんに楽しんで作業をしてもらえるように
また、穴洞のこうぞがいい原料になるように
仲間と協力しながら努力を積み重ねていきたいと思います。

秋の落葉までもうひとふんばり
芽かき作業が続きます!



 

| works | 20:52 | - | - |
本美濃紙保存会 夏の全体研修




8月17日から10日間のあいだ
本美濃紙保存会の全体研修が行われました。
毎年この時期に行われる研修は
本美濃紙保存会の会員(5名)と研修生(11名)が
共同作業場へ一同に集まり
会員の方の指導のもと、皆で協力しあいながら
原料の水つけ・あげ晒し・紙煮・紙しぼり・手打ち叩解から
紙漉き・板干し・選別までの全工程を行い
本美濃紙を制作するというものです。
私も研修生の一人として参加しました。




研修生といっても
みんな普段から仕事として紙を漉いているので
きちんとした技術を持っている紙漉きの人たちばかりですが
美濃を代表する紙「本美濃紙」を漉くための基本を
繰り返し確認し、自分の技術や知識の足りないところを
先輩や仲間から積極的に学んでいます。




研修生はそれぞれ50〜60枚程度の本美濃紙を漉き
成果品を仕上げました。
一人一人が漉いた紙が積み重ねられていき
最終日に自分の紙を選別しました。


今回は天気があまり良くなくて板干しがスムーズにいかず
後半はタネがたまってしまい大変でした。
くもりの日に干した紙が多かったこともあり、全体的に
板のあくが出たり、つやのない紙に仕上がってしまった
感じがします。板干しは天気の具合で完成度がかなり
変わってくるので色々な判断の難しさを改めて感じました。


人の仕事を見ることで
自分の足りないことに気がついたり、
「ここを直した方がいい」ということを指摘してもらったりして
今年も夏の研修で色々なことを学ばせてもらいました。
そして自分の中の新たな課題も定まりました。
知識として身につけたことを腕にできるように
いつまでも向上心をもってがんばっていきたいと思います。


緊張感をもってはじまった研修も
あっという間に終わってしまいました。
指導してくださった本美濃紙保存会の会員の方々
特に熱心に指導してくださった 澤村正さん、鈴木豊美さん、倉田真さん
本当にありがとうございました。
いい紙が漉けるようにこれからもがんばります!!



 

| works | 21:20 | - | - |
8月のこうぞ畑




今日は、とてもとても暑い中 こうぞ畑の作業を行いました。
私たちこうぞ組合員とボランティアのみなさん
合わせて25名くらいで芽かきと草刈りを行いました。

6月〜9月のあいだの夏期に一気に成長するこうぞ。
今は伸び盛り真っ最中、とっくに私の身長を越え
2メートル以上にもなっています。




6月はまだ青々していた幹も固くなってきました。
肉厚な白皮を形成してくれますように!

今日もボランティアのみなさんが
作業を手伝ってくれたのでとても助かりました。
夏休みの時期ということもあり、自由研究のために
お母さんと一緒に畑に来てくれた小学生もいました。
また 遠くは京都から、愛知から、岐阜県内でも大垣市や山県市など
遠方からはるばる来てくださった方もいました。
そしていつも来てくれる常連メンバーも。
みなさん本当にありがとうございました。




最後にみんなでとった集合写真。
今回は初めて参加された方が多く、また少し輪が広がったように感じました。
どこかでチラシを手にして、興味をもってくれた方が多いようです。
そんな声を聞くと「チラシ作ってよかった〜★★」って思います。

みなさん暑い中おつかれさまでした。
どうもありがとうございました!

こうぞは太陽の光をたくさん浴びて
この夏まだまだ成長します!



 

| works | 23:14 | - | - |
美濃楮100% 障子紙




美濃のこうぞ畑で収穫した原料(平成28年度産)で
紙を作りました。今回使ったものは「半たくり」で
完全な白皮ではなく甘皮がはんぶん残った状態のものです。
いつも手入れしている畑の原料なので紙になるのが楽しみでした。

普段の仕事では
レースのような繊細な紙や 透かし文様が入ったものなど
少し変わった紙を作っているので
無地の、四角い、「普通の紙」を作るのは
私にとっては逆にむずかしく感じます。
なので自分の苦手な作業工程の練習や確認も兼ねて取り組みました。




水つけ → あげ晒し → 紙煮 → 紙しぼり → 
原料叩解 → 紙漉き → 圧搾 → 紙干し → 選別
工程は本美濃紙の製法と同じです。
乾燥原料を水につけてもどすところからスタートし
釜で煮て、原料処理をして、紙を漉いて干す。
毎回のことですが、全てにおいて手をぬける所がひとつもありません。




原料栽培から手がけて紙づくりまで行うと
この仕事をはじめた13年前に原点回帰した気持ちになります。
木の皮が紙になる自然のふしぎ。先人の知恵と技術。
この感動が紙のしごとをはじめるきっかけになったことを
改めて思い出しました。

漉き上がった紙はパリっとした気持ちのいい紙になりました。
現在は美濃の楮の収穫量が減っているので
地草100%の紙は結構貴重です。
この紙を使って自宅の障子を張り替えようと思います。

今回は時間がない中で作ったので
あまり多くの枚数はできませんでしたが
ご希望の方には販売させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

楮紙(美濃楮100%)4匁〜5匁
・全 判 920×630mm / 1枚 ¥2,000+税
・カット判 210×297mm(A4)/ 1枚 ¥300+税

【お問い合わせ】
stminue@yahoo.co.jp (井上さとみ)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 




 

| works | 11:44 | - | - |
6月のこうぞ畑




梅雨に入ったとたん
さわやかな晴れの日が続いています・・・。
今日もこうぞ畑で作業してきました。
いい天気で 風が気持ちいい 畑日和でした。




春には小さな芽がひょっこり出ているくらいでしたが
ここ1ヶ月のあいだにぐんと成長してくれて
もう70〜80センチくらい伸びました。




今年は特にこうぞ畑の手入れをがんばっていて
割と頻繁に畑に通っています。
昨年同様、作業に協力してくれる方を募集していて
ボランティアの皆さんにも手伝ってもらっています。
毎回多くの方が参加してくれていて本当にありがたいです。
6月4日は25名くらい、6月17日は15名くらいで
草刈り、間引き、芽かきをしました。

皆さんの協力のおかげで 今年のこうぞは今のところ
いい感じに成長しています。

5月、6月に草刈りと芽かきをがんばっておくと
あとがラクになります。
間引きをして風通しを良くしておくことも重要。
ジメジメした天気になった時に害虫にやられないように
また台風が来ても倒れないように
こうぞは只今 成長のまっただ中です。


 

| works | 16:09 | - | - |
本美濃紙の研修

 

今年は、年明けから本美濃紙保存会の研修のため
工房の仕事をしばらくお休みして
本美濃紙づくりに取り組んでいました。

 

 

これは、板干しの作業風景です。
和紙の里ならではの光景が広がります。

 

 

水つけ、あげ晒し、紙煮、紙しぼり、
原料の叩解、紙漉き、圧搾、板干し、選別。
紙づくりの一通りの作業を一人で行い、那須楮二貫(7.5kg)分の
原料を使って本美濃紙を漉き上げるという研修です。

本美濃紙は京間判(980×640mm)で5匁(19〜21g)なので
その厚みを目指して紙を漉きます。
できあがった紙は 保存会に提出し、会員の先生方に
チェックしていただきます。

 

 

本美濃紙は、私が普段漉いている紙と製法が違うところがあり
また、使う道具も微妙に違うので
技術的になかなか進歩できず 研修の時はいつも苦しんでいます。

本美濃紙は美濃の紙を代表する「普通の紙」。
しかし その「普通」がむずかしいんですよねえ・・・。

今年度で5年目の研修となりましたが
本美濃紙づくりにおける 体得の道はまだまだ続きます。

 

 

| works | 19:39 | - | - |
今年もよろしくお願いします!


年が明けてからもう2週間半も経ってしまいました。
遅くなってしまいましたが
皆さま 本年もどうぞよろしくお願い致します。

ここ数日は美濃でも雪がたくさん降り
冷たくて寒い毎日が続いていました。
天候が悪いと紙干しが進まなくなるので
紙漉きにとってはもどかしい日々でした。

 

 

さて。
年明け最初の週末に こうぞの刈り取りを行ってきました。
昨年の11月に1回目の刈り取りを行ったので、今回は2回目。
こうぞ組合員とボランティアの方々合わせて
20名以上が集まり、協力して作業を行いました。

 

今まではノコギリやチェーンソーを使っていましたが
今回は専門の先生に勧められた大きな剪定ばさみを使いました。
ハサミの方が切り口がスパッときれいに切れますし
チカラが要らないので作業をラクに行うことができます。
道具ひとつでこんなにラクになるとは・・・!!
かなり感動〜。教えていただいた先生と
購入してくれた美濃手すき和紙協同組合に感謝です。

 

お昼には、みそ汁うどんを作りました。
温かくて美味しい、癒しのお昼でひと息入れたあと
夕方まで作業は続きました。
今回は寒い中の作業であった上
終了時間が遅かったのでかなりハードでした。

 

畑の面積が広い上、点在しているので
刈り取りにも時間がかかりますが、皆さまのおかげで
全ての畑の刈り取りを終わらせることができました。
きりのいい所までやりきれて、すごい達成感・・・、
そして私たち組合員とボランティアの方々みんなで
心地のいい一体感もありました。
刈り取りが終わった畑はこのようにスッキリしています。
里山が「手入れしてくれてありがと〜」って言っているみたいです。

 

組合員もボランティアの方々も
特に指示がなくても
周りを見て、協力し合って、よく動いてくれます。
ここに来る方々は、働きモノばかり。
ほんとにみんなすごい。尊敬します。ありがとう。

畑作業に毎回参加してくださる常連の方、初めての方、
職業も年齢も在住地域もいろいろですが
コウゾを通して人とのつながりをいただいています。
毎回こんなに多くの方が来てくださるのは
奇跡としか思えません。
本当にありがとうございます。

この畑で30年こうぞを栽培管理してきた
組合員のおじいさんたちは
二言目には「こうぞのおかげ、こうぞのおかげ」と言います。
その精神性、私も実感をもって引き継がせてもらっています!

 

刈り取ったコウゾは次の作業を行うため作業所で保管します。
このあとは、原木の切り揃え+細かい枝を切り落とす作業です。
そのあとは蒸して皮をむいて干して皮を削って・・・・・
忙しい冬はまだまだ続きます。

 

 

おまけで
昨年末に行ったこうぞ組合の忘年会の写真です。
みんなで食べ物を持ち寄りして穴洞の集会所で行いました。
こうぞ組合員、ボランティアの皆さん、そして
穴洞自治会の自治会長も来てくださり、
盛り上がりました。楽しかったです。
みなさんご参加ありがとうございました!!

※写真を撮ったのが遅い時間だったので全員ではありません。
飲みすぎで既につぶれてしまった人、先に帰られた方 ゴメンナサイ。

 

今後こうぞ畑をどうしていくか、
問題や課題だらけですが
こうして皆さんにお集まりいただいていることを励みに
今年も組合員一同、がんばりたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

| works | 20:46 | - | - |