Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE

工 房 日 記

美 濃 手 漉 き 和 紙 の 工 房 か ら お 届 け す る
日 々 の 出 来 事 に つ い て の ダ イ ヤ リ ー で す 。
<< ヨコバイに負けるな〜! | main |
猛暑のこうぞ畑




猛暑日が続いていますが、それはそれとして
こうぞの手入れは引き続き行っています。

害虫問題はありつつも、なんとかがんばって成長してくれている
こうぞですが、とにかく水が足りないです。
連日40度越えの上、今年の夏は夕立ちがないので
土がカラカラの状態。
こうぞも「水が欲しい!」と叫んでいます。




今日は17名のボランティアの方にお集りいただき
私たち組合員と合わせて25名で芽かきの作業を行いました。
 
夏の成長期には、頻繁にわき芽が出てくるのでこまめに摘んでいきます。
芽が小さいものは手で摘み、太く固くなってしまったものは
剪定バサミを使い、幹を傷つけないようにカットしていきます。
上の写真の矢印の部分がわき芽です。




この畑には3種類の品種のこうぞがあるのですが
その中でも「土佐」は成長が早く、今の時期だと「那須」よりも
太く大きく成長しています。
品種の見分け方としては、葉っぱの色が目安のひとつです。
冬の時期になると落葉してしまいますが、入れ替わるように今度は
幹の文様がハッキリしてくるのでそれで見分けることができます。

現在は 大きいものだともう2メートルを越えましたが
全体的に幹が細いような気がしています。
雨が降ってくれれば一気に元気を取り戻すと思うのですが
なかなか雨が降ってくれなくて・・・こうぞがヘタバっている感じです。

どうか恵みの雨が降りますように!!!




今日は岐阜県森林研究所の苗担当の方が来てくださったので
わき芽を使った挿し木の実験をしました。
うまくつくかなあ・・・・。

挿し木のやり方は、冬の刈り取りの時期の枝を使ったり
夏場のわき芽を使ったり、また分根というやり方もあり
いろいろ実験中です。

畑の株が古いものばかりなので、株の更新をするため
新しい苗をたくさん作らなくてはいけません。






そんなこんなで今日の作業も無事に終了し、
みんなで冷や汁ごはんを食べました。
途中の休憩では すいかを食べたりして夏を味わいつつ
とにかく熱中症に気をつけながら作業をしました。

いつも大人数分のごはんを作ってくれているのは
こうぞ組合員の千田薫子さんと宮嶋由季さん。
畑作業のあとのおいしいごはんをみんな楽しみにしています!




夏休みが始まったということもあり、親子で参加してくれた方もいました。
3歳から90歳まで、いろいろな世代の方がこうぞ畑に集まって
同じ時間を共有しています。すばらしいことだと思います。

この活動をもっといいかたちにできるよう工夫しながら
継続していきたいです。

みなさん暑い中本当におつかれさまでした。

ありがとうございました!!

 

| works | 19:08 | - | - |