Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE

工 房 日 記

美 濃 手 漉 き 和 紙 の 工 房 か ら お 届 け す る
日 々 の 出 来 事 に つ い て の ダ イ ヤ リ ー で す 。
<< こうぞの加工「紙たくり」 | main | こうぞ畑と桜 >>
美濃こうぞの紙づくり




いつもこうぞ組合の仲間と栽培している「美濃楮」。
地元の原料なので「地草」とも呼ばれています。
今この原料を使って紙を作っているところです。

上の写真は「紙しぼり」の様子。
流水の中でこうぞの皮を1枚1枚広げながら
細かいスジや樹皮などのチリを手で取り除く作業。
白い紙を作るためにちょっとのチリも見逃さないよう
丹念に精製していきます。

1日中水の中に手を入れて 集中して皮と向き合って
根気のいる作業ですが きれいな紙を漉くために一番重要な工程です。

自分が栽培を手掛けている原料なので
「どうしたらもっと質のいい皮になるかな」と色々考えて

こうぞ畑や加工所で行う作業のことを振り返りながら
1枚1枚の皮を確認するような思いで進めました。





一度紙しぼりを行ったあと、もう一度「見直し」をして
チリの取り残しがないかどうか確認します。
これでもかというくらい 紙しぼりを丁寧に行うところが
美濃の紙の特長ではないでしょうか・・・。

紙しぼりは目が良くないとチリが見えないので
きれいに精製できません。
なので若い人向けの作業工程かな。
私ももう年なので そろそろハズキルーペの最強倍率のものを
買わなくてはいけないかもしれません。





取り除いた方の原料には
樹皮やスジ、皮の固い部分などが入っていますが
これも紙になるので大切な原料です。
こういった不純物が入った紙も味わいのあるいい紙になりますし
白い紙に比べて価格が安いので
気軽に使っていただけるのではないかと思います。


しばらく紙しぼりの作業が続いたあとは
紙漉き、板干しへと移ります。
安定した天候で順調に進みますように!


 

| works | 20:16 | - | - |