Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE

工 房 日 記

美 濃 手 漉 き 和 紙 の 工 房 か ら お 届 け す る
日 々 の 出 来 事 に つ い て の ダ イ ヤ リ ー で す 。
<< 新商品【ひかりぽち袋】のご紹介 | main | 美濃こうぞの紙づくり >>
こうぞの加工「紙たくり」




昨年12月と本年1月に刈り取りをしたこうぞは
引き続き加工作業が続いています。
現在はこうぞの皮の外皮を包丁で削る「紙たくり」の真っ最中。


上の写真は 皮むき後に一度乾燥させた皮を水に浸け(2日間ほど)
やわらかくもどした様子です。昆布みたいですね。
たくり作業に入る前にこんな下準備をしておきます。






やわらかくなった皮を包丁で削っていきます。


こうぞの皮は
一番内側にある和紙の主原料となる「白皮」
一番外側にある外樹皮の「黒皮」
白皮と黒皮の間にある内樹皮「甘皮」
で形成されていて


紙たくりという作業は
白皮を残し、それ以外の皮を削ることです。
削り方にも種類があり
完全な白皮にする「本たくり」、
甘皮を残す「半たくり」があります。


こうぞは紙を漉くための原料。
漉きたい紙の種類によってどのような加工の原料を使うかが
変わってきます。美濃の紙漉き職人さんは
比較的白い紙を作りたい人が多いので「本たくり」をした
白皮の原料を求める傾向が強いです。
半たくりの原料が欲しいという職人さんも、もちろん居ます。
こうぞ組合は、美濃の紙漉きの皆さんが求めている加工の要望に
応えていきたいところなのですが、たくり作業はかなり手間が
かかるため、残念ながらそれに応えきれていないのが現実です・・。






たくりが終わった皮は、山水で洗って外に干します。
上の写真は特注分の皮で長いサイズでカットしたもの。
通常は90センチでカットするのですが
この特注はその倍以上の長さがあるのでたくるのが大変でした。






通常はこんな感じです。90センチくらい。
こちらも特注分なので優先して白皮にしました。






削った部分(甘皮と黒皮)は乾燥しておきます。
これも紙になるので捨ててしまうのはもったいない。
この削り皮はこうぞの加工工程の中で産まれる
副産物のひとつです。




今年度は人手不足、資金不足が重なり
特注分しか 紙たくり作業ができません。
美濃の紙漉き職人の方に向けて出荷する分はすべて
黒皮で出すことになりました。


今年度はたくさんのボランティアの方のご協力のおかげで
収穫量が多く、皮も厚く、昨年よりいい原料が作れたことは
間違いないのですが、加工までやりきれませんでした。
現在の人員と資金の中で精一杯のところまでやっているので
今後は新しいカタチを考えていかなくてはいけないと感じています。


私たちこうぞ組合は今 過渡期を迎えているので
原料栽培や加工をやりつつ 今後どのように運営していくか
話し合いながら進めています。
あれもこれも理想は色々ありますが、季節は待ってくれないので
まずは目の前のやるべきことを大切に
仲間と一緒に前向きに取り組んでいきたいと思います。


紙たくりが終了したらいよいよ出荷の準備です。
そしてもうすぐこうぞの芽吹きの季節がやってきます!





 

| works | 19:32 | - | - |