Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE

工 房 日 記

美 濃 手 漉 き 和 紙 の 工 房 か ら お 届 け す る
日 々 の 出 来 事 に つ い て の ダ イ ヤ リ ー で す 。
<< 8月のこうぞ畑 | main | 9月のこうぞ畑 >>
本美濃紙保存会 夏の全体研修




8月17日から10日間のあいだ
本美濃紙保存会の全体研修が行われました。
毎年この時期に行われる研修は
本美濃紙保存会の会員(5名)と研修生(11名)が
共同作業場へ一同に集まり
会員の方の指導のもと、皆で協力しあいながら
原料の水つけ・あげ晒し・紙煮・紙しぼり・手打ち叩解から
紙漉き・板干し・選別までの全工程を行い
本美濃紙を制作するというものです。
私も研修生の一人として参加しました。




研修生といっても
みんな普段から仕事として紙を漉いているので
きちんとした技術を持っている紙漉きの人たちばかりですが
美濃を代表する紙「本美濃紙」を漉くための基本を
繰り返し確認し、自分の技術や知識の足りないところを
先輩や仲間から積極的に学んでいます。




研修生はそれぞれ50〜60枚程度の本美濃紙を漉き
成果品を仕上げました。
一人一人が漉いた紙が積み重ねられていき
最終日に自分の紙を選別しました。


今回は天気があまり良くなくて板干しがスムーズにいかず
後半はタネがたまってしまい大変でした。
くもりの日に干した紙が多かったこともあり、全体的に
板のあくが出たり、つやのない紙に仕上がってしまった
感じがします。板干しは天気の具合で完成度がかなり
変わってくるので色々な判断の難しさを改めて感じました。


人の仕事を見ることで
自分の足りないことに気がついたり、
「ここを直した方がいい」ということを指摘してもらったりして
今年も夏の研修で色々なことを学ばせてもらいました。
そして自分の中の新たな課題も定まりました。
知識として身につけたことを腕にできるように
いつまでも向上心をもってがんばっていきたいと思います。


緊張感をもってはじまった研修も
あっという間に終わってしまいました。
指導してくださった本美濃紙保存会の会員の方々
特に熱心に指導してくださった 澤村正さん、鈴木豊美さん、倉田真さん
本当にありがとうございました。
いい紙が漉けるようにこれからもがんばります!!



 

| works | 21:20 | - | - |