Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE

工 房 日 記

美 濃 手 漉 き 和 紙 の 工 房 か ら お 届 け す る
日 々 の 出 来 事 に つ い て の ダ イ ヤ リ ー で す 。
<< ノリウツギの話 | main | 本美濃紙 世界へ 未来へ! >>
郡上おどりうちわ



今年は雨続きのちょっと残念なお盆休みですが
みなさんどのように過ごしていますか。


岐阜県郡上市の夏の風物詩「郡上おどり」は
こんな雨の中でも開催されています。
夏のあいだの2ヶ月間、約30日夜開催され、お盆のあいだは
朝まで踊る「徹夜踊り」が行われる伝統的な盆踊りです。


そんな郡上おどりにきた方々をターゲットに、今年
「郡上おどりうちわ」が制作されました。
企画ディレクターは
HUB GUJO、(有)Groove Boom代表の赤塚良成さん。
制作担当は家田紙工(株)さん。
​私は今回、そのうちわのデザインをやらせていただきました。


「郡上ならではのモノづくり」を目指す赤塚さんのもとで
ロゴの透かしが入った美濃和紙(※)に
シルクスクリーン印刷で手刷りをして、
その後、丸竹の骨に手貼りをし
仕上げにウレタンニスを3回も手塗りするという
職人さんの手がこんだうちわが完成しました。
雨に濡れても水をはじくので大丈夫、
ゆかたの帯にさして踊ってもらえるように作られています。


※美濃和紙
今回うちわに使用されている紙は機械紙。
美濃市の機械紙メーカー、丸重製紙さんの紙が使われています。


今年デビューした郡上おどりうちわは、
色違いを入れると25種類(¥2,100〜)。
ここで少し紹介させていただきます。



私がデザインしたシリーズ。



「郡上おどりうちわ」のロゴを作ってくださった
書家の山田白陽さんのシリーズ。
トンボ、カバ、ミノムシなどがモチーフになっている
味わいのある世界です。




家田紙工(株)さんシリーズ。
写真だと見えないのですが、シルバー色で小紋柄が印刷されていて
その上にグラデーション色がかかっている
とてもキレイなデザインです。




郡上市の手ぬぐい店、タカラギャラリーさんのシリーズ。
手ぬぐいとお揃いの柄のうちわは、
独特の文様と色づかいで女の子の心をぐっとつかむ
ステキなデザインが展開されています。

→ タカラギャラリー




徹夜踊りの15日の日は
ディレクターの赤塚さんと一緒に店番をしました。
いろいろおしゃべりしてお客さまの接客して
楽しい時間でした、ありがとう〜。
わたしは深夜2時で帰りましたが
赤塚さんはその後も店番がんばっていました。
深夜12時を過ぎると雨が激しくなりましたが、
それでも踊りは朝まで続く・・・。みんなすごいエネルギーです。

→ 郡上おどりうちわ(facebook)





これらのうちわは、郡上おどり会場の新町にある
踊り下駄専門店「郡上木履(ぐじょうもくり)」に置いていただいています。
踊り下駄はすごい人気があり、徹夜踊りの2日目の深夜3時に
なんと完売してしまったそうで
その後はうちわ屋さんになってしまいました。
在庫ができ次第販売を再開するそうなので
タイミングをみてぜひお越しください。

→ 郡上木履(facebook)


今回の企画に参加させていただいたことで
新しい出会いや繋がりがありました。
ありがとうございました。
今度は手漉き和紙を関連させて何かできたらいいなあと
思っています。


 
| goods info | 13:43 | - | - |