Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE

工 房 日 記

美 濃 手 漉 き 和 紙 の 工 房 か ら お 届 け す る
日 々 の 出 来 事 に つ い て の ダ イ ヤ リ ー で す 。
<< 展示会のお知らせ | main | 竹の油抜き作業 >>
展示会終了しました



岐阜県多治見市のギャラリーで行っていた
「六花イロガサネ」展が
会期を終えて無事に終了しました。


遠方からお越しくださった方々、
美濃の紙漉き関係の仲間や
しばらく会っていない懐かしい友人、
そしてわざわざ東京から母が来てくれたりもして


会場まで足を運んでくださった皆さまに
心から感謝申し上げます。
どうもありがとうございました!





今回は、山野草を中心とした花々やチョウ、
コーナー装飾などをモチーフにデザインをして
紙を漉きました。そこへ植物染色紙をおりまぜながら
作品として仕上げました。





和紙そのものが何かのカタチになっていて
紙の厚い所と薄い所、繊細な線、透かし模様などで
成立しています。
これは、保木工房が長い年月をかけて追究してきた表現で、
協力会社と連携をとりながら今までやってきました。
そんな積み重ねがあってこそできる表現なんですね。
そこへ漉き手である私自身の
「紙に対する思い」が加わっているわけです。


そして何よりこれらの作品の質を支えているのは
デザインとか技術とかよりも
和紙の原料である植物「楮(こうぞ)」だと思っています。
植物のチカラにいつも助けてもらっている、
そんな気持ちです。ありがとう。


今回の展示会の会期は1ヶ月と長かったのですが
その内、数日しか会場に行けなかったので残念でした。
これからも、多くの方に手漉き和紙に触れていただけるよう
努力していきますので、今後ともよろしくお願いします。


今年の5月でわたしは
美濃で紙づくりの仕事をはじめてからまる9年、
いよいよ10年目に突入しました。
早いなあ。あっという間に年月が過ぎていきます。
9年間いろいろありましたが
どんなに年をとっても、夢と希望と直感をたいせつに
自分を信じてこれからも前進していきたいです^^



| goods info | 04:35 | - | - |